交通事故の示談

示談による交通事故の賠償問題の解決とはどのようなものなのでしょうか?示談というのは、被害者と加害者が裁判をしないで、賠償責任の金額や有無を話し合いによって決めることです。
示談によって、9割以上の交通事故の賠償問題が解決しています。
示談の交渉は、加害者と被害者が行います。
しかしながら、任意保険に加害者が加入している場合は、示談の交渉を保険業者の担当者が行うようになります。
示談代行が、現在売られている自動車保険のほとんどに付いています。

示談交渉を加害者や保険業者と行う場合のポイントについてご紹介しましょう。
交通事故の示談交渉の場合は、保険業者の示談代行が自動車保険に付いているので、一般的には保険業者と被害者で行われます。
どのような事故の場合に損害賠償額がいくら程度になるのかということは、だいたい以前の判例などから決定されています。
しかしながら、示談交渉の場合には、加害者と被害者が合意した金額で決定します。

基本的に、傷害事故の場合は、示談交渉は後遺症の症状が固定するか、治療が終了してから始まります。
示談交渉は、判断が冷静にできないような場合は行わない方がいいでしょう。
また、交渉を自分で行うのが困難な場合や、代理人に家族や友達が無償であればなることが可能です。
弁護士の場合には代理人に有償でなることが可能であるため、事故が大きなものの場合は代理人として頼むといいでしょう。
本サイトでは、弁護士に相談する、示談交渉の心構え、冷静に判断する、についてご紹介します。



■関連リンク
交通事故事案に詳しい弁護士に示談の相談ができる法律事務所のサイトです → 交通事故 示談

Copyright © 2014 交通事故の示談 All Rights Reserved.